FC2ブログ

ベトナム株の道

本当に儲かるの?ベトナム株 30代半ばのFPが資産運用の観点からベトナム株にクローズアップ。 今、話題のベトナム株の実態を体験談や、現地情報など織り交ぜて紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
こんにちは、SUGAです。ベトナム株価指数が昨日から1000ポイントを割り込み
ましたね。どこまで、下がるのでしょうか?
すでにベトナム株を何銘柄か保有されてれる方は気になるところです。
しかし、このような記事もありましたのでご紹介します。


【ベトナムが暑い、対ベトナム投資激増中】
今年1月にWTO世界貿易機関に加盟したベトナムへの投資が激増している。
欧米やアジアの大手金融機関が相次いでベトナムの金融市場に進出して
いる。
また、日本の昨年の対中国投資が大幅に減少するのと裏腹に、
対ベトナム投資が急増しており、ベトナム株を扱う証券会社には個人
投資家が殺到している。
日刊工業新聞11日付によると、日本で初めてベトナムファンドを昨年9月
から販売しているアイザワ証券は、ネット取引口座が大幅に増加、1月の
月間増加数は3662と過去最高を記録し、3月末での累計口座数は8万を
突破した。
07/4/16 euleka!より


まだまだ、ベトナムの株式市場は注目の的ということでしょうか?
これからベトナム株投資を始めようとされる方にも、背中を押してくれる記事ですね。


米証券大手のモルガンスタンレーは先月、ベトナムの国家資本投資
経営総公社(SCIC)と合弁で「SCIC・モルガンスタンレー証券」を設立
すると発表 し、ハノイに本社を置いて今年の10—12月には営業を開始
する予定。このほか、クレディ・スイスグループがすでに進出、野村
ホールディングスや米ゴール ドマン・サックスも提携による進出を発表
している。
こうした投資ブームの中で、ベトナムの株式市場の過熱ぶりを警戒する
声も出始めている。ベトナム株価指数は、昨年8月から今年の3月頭まで
一気に3倍近くまで上昇したが、3月中旬からは10%程度値を戻している。
世界中の投資家がポストBRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国)
として今、もっとも注目している新興国マーケットがベトナムを筆頭に
VISTA (ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)と
呼ばれている。
ベトナムの成長率は、アジア開発銀行(ADB)のレポートによると、
2006年が8%、2007年が8.3%、2008年も8.5%と引き続き高い水準で
推移すると見込んでいる。投資家の熱いまなざしは当分続きそうだ。
07/4/16 euleka!より
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

SUGA
  • Author: SUGA
  • 年齢30代半ばのファイナンシャルプランナー。
    資産運用の観点からベトナム株にクローズアップ。
    ちまたで話題のベトナム株の
    実態を体験談や、現地の情報を
    織り交ぜながら体当たりレポートいたします。
    上の写真はチャンフンダオというベトナムの英雄です。
    中国が元の時代に何度も侵略してきたのを防いだ、ベトナム救国の人物です。

Search

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

おしらせ

「ベトナム株の道」はhttp://viet-road.com/にてリニューアルしました!

上記URLにてお待ちしております。

カテゴリー

最近の記事

日本人が知らなかったベトナム株

ベトナム株 中国株に続く新興国株の成功法則

ベトナム株 沸騰するアジア最後の市場

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。