FC2ブログ

ベトナム株の道

本当に儲かるの?ベトナム株 30代半ばのFPが資産運用の観点からベトナム株にクローズアップ。 今、話題のベトナム株の実態を体験談や、現地情報など織り交ぜて紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
こんばんわ、SUGAです。本日もベトナム株市場についてのニュースをピックアップ
しました。


【ベトナム株式市場、10年で世界の重点市場に】
マレーシアの専門家は、今後5年から10年でベトナムの株式市場は地域
及び世界の投資家にとって重要な市場となると評価した。
「規模や成功の程度を正確に予測することは出来ませんが、かなり大規模に
発展していると言えるのではないでしょうか。」
ブルサマレーシア証券取引所の戦略グループのAdhha氏はTTXVNの
インタビューに答えて語った。この日同証券取引所は、ハノイ証券取引所と
パートナー契約を結んだところだった。
ベトナム株情報 07/4/21より


同じ東南アジアの近隣国からもベトナム株式市場は高評価を得ているようですね。
記憶に新しい、中国株の下落から世界同時株安などが広がりましたが、ベトナム株
市場もそこまで影響力を持つようになるのでしょうか?成長が楽しみです。

現在ではまだホーチミン証券取引所とハノイ証券取引所をあわせても、
上場企業は200社足らずとなっているが、その背後には1,000社を
超える企業が順番を待って控えていることを同氏は指摘した。
マレーシアでも現在は1,000社を超える企業が上場を果たしているが、
それは30年かけて達成されたこと。国営企業の株式会社化や更に
民間企業その他の集団が上場への手続きスピードを速めていけば、
ベトナムの資本市場は、本当に大きな潜在力を持つ市場になるだろう
と感想を述べた。

パートナー契約は、両証券取引所がスタッフの育成などを含め多岐に
亘る内容になっているという。
ベトナム企業がマレーシア市場での資金調達を行うことも視野に入れ
ている。ブルサマレーシア証券取引所ではこれに先立ってホーチミン
証券取引所とも同様のパートナー契約を結んでいる。
ベトナム株情報 07/4/21より

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

SUGA
  • Author: SUGA
  • 年齢30代半ばのファイナンシャルプランナー。
    資産運用の観点からベトナム株にクローズアップ。
    ちまたで話題のベトナム株の
    実態を体験談や、現地の情報を
    織り交ぜながら体当たりレポートいたします。
    上の写真はチャンフンダオというベトナムの英雄です。
    中国が元の時代に何度も侵略してきたのを防いだ、ベトナム救国の人物です。

Search

Calendar

08月 « 2018年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

おしらせ

「ベトナム株の道」はhttp://viet-road.com/にてリニューアルしました!

上記URLにてお待ちしております。

カテゴリー

最近の記事

日本人が知らなかったベトナム株

ベトナム株 中国株に続く新興国株の成功法則

ベトナム株 沸騰するアジア最後の市場

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。