ベトナム株の道

本当に儲かるの?ベトナム株 30代半ばのFPが資産運用の観点からベトナム株にクローズアップ。 今、話題のベトナム株の実態を体験談や、現地情報など織り交ぜて紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
2007年4月現在、日本の証券会社ではベトナム株の取り扱いがありません。
そこでまず、ベトナムの証券口座の開設方法の流れを紹介します。
口座開設の方法として、

  • 現地へ行って、証券会社で開設する方法

  • 日本国内から書類の郵送のみで完結する方法


と2通りの方法があります。
現在、この口座開設にはいくつかのサポート会社があり現地で日本語が
話せるガイドさんも同行し、証券会社まで案内してくれます。
まずは、実際私が経験してきた現地口座開設の例を紹介いたします。

  1. オプショナルツアーの予約申込(スケッチトラベルを利用しました)。

  2. 手配会社から集合時間のお知らせがメールやFAXで届く
    (ここまでは日本に滞在中に済ませてます)。

  3. ベトナム現地へ着いてからはツアーの当日になると、集合時間に
    宿泊先ホテルのロビーや入口まで日本語堪能?なガイドさん
    (年齢は20代半ばと思われる女性でした)が迎えに来てくれます。
    (ちなみに、道路事情のせいかよく遅刻をします)20070406115656.jpg

  4. その後、ベンツの1BOX車に乗り込み、証券会社に向かうのですが、
    途中で同じツアーを申込みされた他のお客様も同乗してきます。
    ここで、初めて同じ日本人でありながら、ベトナム株投資を考えている
    同志と知り合えます。
    旅の出会いは貴重です。日本に戻ってからもベトナム株の情報共有も
    できるでしょう。
    積極的に話しかけ仲良くしておくことをオススメします。

  5. 市内を移動後、ツアーの提携先である証券会社(BSC証券)に到着。
    ガイドさんに従い、見ために怪しい雑居ビルの入り口まで連れて行かれます。
    「えっ!ここが証券会社?!」と最初は度肝を抜かれます。
    20070404180259.jpg

  6. ビルに入ると、エレベーターで上階まで上ります。移動中に
    「このガイドは信用できるのか?」「まさか軟禁されたりしないだろうか?」
    と、中速で進むエレベーターがその不安感を飛躍的に増殖させてくれます。
    フロアに到着すると、そんな不安感を払拭してくれる光景になります。
    「確かにここは証券会社なのだ」と思わせる大きな株価の電光掲示板が
    目に入ります。
    20070404192201.jpg
    同時に株価ボードの前で、一喜一憂してる現地投資家の数の多さに
    驚かされます。
    「平日の午前中から、仕事は休みなのだろうか・・・」と余計なことを
    考えてるうちに、奥にある応接室へと案内されます。
    20070404192213.jpg

  7. そして、いよいよ開設書類の記入へと進んでいきます。
    詳細は「口座開設その2」で紹介したいと思います。

    口座開設の流れ その2をみる
    口座開設の流れ その3をみる


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

こんにちわ。すばらしいブログですよね。
私は某証券会社勤務で3年目になります。
「今日の収益はどれだけできた?」ではなく、
「今日はどれだけいいアドバイスができた?」と言える環境を維持してます
私のブログでもそうありたいです
こちらのブログのようにすばらしいブログにしたいです
よろしくおねがいします

  • 2007/04/08(日) 00:57:01 |
  • URL |
  • 木下義孝 #-
  • [編集]

コメントありがとうございます

木下さん コメントありがとうございます。
日経225をやられているんですね。
私はベトナム株を始めているのですが、まだまだ初心者です。
今後とも応援よろしくお願いいたします。

  • 2007/04/09(月) 16:00:20 |
  • URL |
  • SUGASAN #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

SUGA
  • Author: SUGA
  • 年齢30代半ばのファイナンシャルプランナー。
    資産運用の観点からベトナム株にクローズアップ。
    ちまたで話題のベトナム株の
    実態を体験談や、現地の情報を
    織り交ぜながら体当たりレポートいたします。
    上の写真はチャンフンダオというベトナムの英雄です。
    中国が元の時代に何度も侵略してきたのを防いだ、ベトナム救国の人物です。

Search

Calendar

05月 « 2018年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

おしらせ

「ベトナム株の道」はhttp://viet-road.com/にてリニューアルしました!

上記URLにてお待ちしております。

カテゴリー

最近の記事

日本人が知らなかったベトナム株

ベトナム株 中国株に続く新興国株の成功法則

ベトナム株 沸騰するアジア最後の市場

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。