FC2ブログ

ベトナム株の道

本当に儲かるの?ベトナム株 30代半ばのFPが資産運用の観点からベトナム株にクローズアップ。 今、話題のベトナム株の実態を体験談や、現地情報など織り交ぜて紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
4月2日付けタイ紙「マネージャー」に掲載された記事によると、経済の
発展基盤、豊富な労働力、そして世界的な消費地としての魅力から、
海外の銀行がベトナムに熱い視線を投げかけている。
WTO加盟に伴い、4月1日以降ベトナムは国内における海外銀行の
活動に対して大きく門戸を広げることになった。
8,400万人の人口のうち、銀行口座保有者はわずか600万人に過ぎない
といわれるベトナム市場は、海外の銀行にとって今が進出の絶好のチャンスと映る。
潮州商業総会議長(在香港)のチャン・ホック・ソン氏は3月に経営者の一団を率いてベトナム市場視察を終えたところ。これまでの6回の視察で参加者の多くがベトナム進出についての意志を示している上、実行可能な投資案かどうか話をつめるために、ベトナム側パートナーとの接触をすぐに展開している企業もあるという。
チャン氏によれば、ベトナムのWTO加盟後投資環境は改善されており、そのおかげでベトナムの投資吸引力及び経済発展はより大きく期待できるという。
同総会では今後も香港企業の投資を促進するために、ベトナムの紹介を継続して行っていく予定。

ベトナム株情報 07/4/3 より



諸外国の銀行も金の匂いには敏感なのでしょうか?先行者利益があるのでしょうね。
外資が今後ますます入ってくる様子が感じ取れます。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

SUGA
  • Author: SUGA
  • 年齢30代半ばのファイナンシャルプランナー。
    資産運用の観点からベトナム株にクローズアップ。
    ちまたで話題のベトナム株の
    実態を体験談や、現地の情報を
    織り交ぜながら体当たりレポートいたします。
    上の写真はチャンフンダオというベトナムの英雄です。
    中国が元の時代に何度も侵略してきたのを防いだ、ベトナム救国の人物です。

Search

Calendar

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

おしらせ

「ベトナム株の道」はhttp://viet-road.com/にてリニューアルしました!

上記URLにてお待ちしております。

カテゴリー

最近の記事

日本人が知らなかったベトナム株

ベトナム株 中国株に続く新興国株の成功法則

ベトナム株 沸騰するアジア最後の市場

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。